ビジネスランチの役割

外国人のビジネスでの常識

ビジネスのランチ英語の必要性

ビジネスではランチを一緒に食べながら商談をすることがあります。接待もあります。これは特に外国人には常識だったりします。そのためビジネスの現場では英語が必要だったりします。ランチを食べながらでも会話や専門的なお話ができるようにならないといけないので、大学生のときや仕事を休業して英語を堪能にしゃべれるようにならないといけないです。人数も5人とか10人といった大人数の場合もありますし、2人など少数時もあります。外国の食事の文化や喜ばれることなどを学んでおくとよりスムーズにお仕事に入れますし、好印象です。

ランチは気分を切り替えましょう

ランチと言うのはサラリーマンにとってマンネリの会社生活を送る中で楽しみの一つになります。例えば午前中に会社で嫌なことがあった時には美味しいご飯を食べるとテンションがアップして午後も仕事を頑張ろうと言う気分にしてくれることもあります。また時にはビジネス上で上司やお客様と一緒にランチをしなければならない場合がありますが、そう言う時には基本的に1時間の中で何を話そうかと言うことを決めておくと良いでしょう。因みに夜と違ってお酒が入っていない分ビジネスの中でやや砕けた話、例えば会社の生い立ちや社員の方についてなどを聞いてみると良いでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ビジネス上での付き合い方 All rights reserved