ビジネスランチの活用

ビジネスランチは積極的に

ビジネスランチのメリット考察

最近では「飲みハラ」なんて言葉が生まれるほど、会社の飲み会を避ける社員の話をよく聞きます。しかし業務を円滑にする為に日頃のコミュニケーションを取り尚且つ自分にも良い事尽くめである「ビジネスランチ」は積極的に活用して行くべきです。主なメリットとしては①お酒が飲まない人も参加しやすい。②ディナータイムでは行けないような高級店にお得な値段で楽しめる。③良いアイデアが出た際に、そのまま午後の仕事で実行できる。④取引先に営業がてら接待もでき、上記②に繋がる。⑤昼の限られた時間なので体調管理・就業後の時間管理がしやすい。日本のビジネスシーンでは浸透していないのが現状ですがだからこそ、やってみる価値は十分にあります。

ランチには大きな商機が

ビジネスマンが多く集まる都心部には、数多くのビル群が立地しています。そこで働く人の数は、何千から何万人にも及ぶことが想定され、その人たちはお昼になれば、当然のことながら昼食をとります。そこに大きな商機があることに気づく人がどのくらい存在するでしょうか。ビジネスマンやOL向けのランチは、確実な需要が見込まれる商品なのです。そのため、ランチの時間帯を狙って、お弁当屋さんが軽ワゴンに乗って、さまざまなメニューの弁当を売りに来たり、日替わり弁当を格安で配送してくれるお店も存在します。何千人もの人が、月曜日から金曜日までのお昼に取る昼食、まだまだ発想の転換を図れば、いくらでも商売になると考えられます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ビジネス上での付き合い方 All rights reserved