ビジネスランチの配慮

ビジネスにおいて楽しみの1つ

お礼でのビジネスランチ

ビジネスにおいてランチは1つの楽しみでもあります。業務でお世話になった関係者や同僚などにお礼として昼食をご馳走するケースなどは多くあります。気の知れた同僚などでしたら特に気にする事なく誘っても問題はありませんが、あまり面識の無い異性などの場合などでしたら軽く誘う程度にしておき、相手が遠慮していれば無理に誘う事はやめておいた方が賢明です。その際はお菓子や休憩中に食べられるスイーツなどを渡程度にしておく事をおすすめします。ビジネスにおける人間関係において自分はよかれと思っていても、相手にとっては迷惑であったりする事は非常に多くあります。

ビジネスランチのメリットとは

ビジネスランチとは仕事の打ち合わせをしながらとる昼食、お昼の接待のことです。相手にもよりますが、大体、三千円前後の価格で設定されることが多いようです。 ビジネスランチでの接待のメリットとは、時間が決まっていることです。夜の接待と異なり、午後からの予定がすでに決まっているため、双方がある程度の緊張感をもって要点や重要なことを論理立てて話すことができます。時間も遅くないため、早く仕事を終えられるというも良い点です。 接待というとどうしても夜を連想しがちですが、あまりうまくいっていないと感じるときは、相手や仕事の内容によって昼食での接待に切り替えてみるのも方法の一つです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ビジネス上での付き合い方 All rights reserved