貿易事務の役割を知る

貿易事務の役割と収入とは

貿易事務の役割と収入について

貿易事務の仕事内容は商社やメーカーの中で輸出入に関する業務を行っている会社で事務仕事を行うという仕事です。貿易に関することなので輸入に関することと輸出に関することが主に分かれています。輸出に関することで行うことは輸出先の会社に提出するための期間書類作成や通関手段、運送便の手配などを行い、一方輸入に関する仕事は商品の納入先や関税の手続きを行います。そのため英語をはじめとした外国語ができると非常に役立ちます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ビジネス上での付き合い方 All rights reserved